世の中は日々、便利なツールが増えていますが、名刺管理ツールもその一つですよね。

サービスによっては、複数の名刺を一度にスキャンしてデータ化できるスグレものもあり、忙しい営業マンには有難いツールになっているようです。

ただ気をつけないといけないことも。名刺って個人、そして会社の大切な情報。取引先の情報を自分が使う分には良いのですが、それを他の人が使う場合には履歴を残しておくことも重要です。もし、悪用されてしまえば今後の取引は無くなる、それくらい大きな意味を持つのも名刺です。

もし、今までになかなか得ることのできなかった担当者の名刺を見つけても、そのままダウンロードして活用!ではなくて、いつ、自分がこの名刺をダウンロードしたのかを記録しておくことが大切です。

デジタル名刺管理方法 | 名刺管理CRM

交換した名刺に、担当者の情報、特徴、面会した日付、会話の内容などを書きこんでおくことで、後から見た時に記憶が鮮明に思い出されることってよくありますよね。ただ、名刺の空きスペースが非常に少ないものや、書きたいのにスペースが足りない、と言う時、勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、付せん、シールです。どちらかをいつも名刺入れにしのばせておくことで、名刺に書き込まずに付せんやシールに思い出せる全ての事を書いていれば、名刺にぺたぺた貼って保存が可能になります。

名刺管理システムを利用する際には、これらを備考欄などに入力すれば、他の社員たちにも情報提供が簡単にできますからね。社員全員がこのようなメモを積極的に行っていけば、深い人脈作りも可能になりそうです。

KnowledgeSuite

安価で使い易い、と言われているSFAが最近ネットでもよく見られるようになりました。個人事業主や中小企業でも導入がしやすいSFA。しかし、セキュリティ的に穴が空いているようなシステムであればそれはやはり止めておいた方が良いでしょう。

SFAの利用はその殆どがスマホやタブレットと行ったスマートデバイスからでしょう。手軽に持ち歩くことができ、どこでも開いてビジネスができるわけですから、本当に便利な世の中になりましたよね^^でも、手軽に持てるからこそ、セキュリティが非常に大切になってくるんです。

トイレで手を洗う際に洗面台に置いたまま忘れてしまったり、カフェでお金を支払う際にレジに置き忘れたり。。あるいはちょっと目を離した隙に盗難に遭ってしまったり。悪意のある人物に持ち去られれば、データは抜き取られ自分の会社だけではなくて取引先にも大きな損害を招く恐れもあるんですね。

そのため、必ずスマートデバイスのセキュリティ管理ができるMDMが搭載されているシステムを選ぶようにしましょう。

SFA(営業支援システム)比較

p>飛躍的な売上を目指すためには、他の会社がつくり出せていないような製品やサービスを生み出す必要があります。

現代は豊富に品物が出回り、真似をするのも簡単です。客は自分に合ったものを多くの種類から選べる便利さがあり、飽きたらまた別の品物を買えば良い、そんな便利な時代なんです。

しかし、これを会社側から見れば困った時代になったとも言えるわけですね。一度品物を買った顧客が今後もずっと買ってくれる保障は無いわけですから。ただ、他の会社が今つくっていないような、そして真似するのも難しいような製品やサービスを持っていれば話は別です。

CRMを導入し、顧客が今何を望んでいて、どのような製品やサービスが必要なのか。他の会社ではまだアイデアさえ出ていない何か。これを見いだせれば良いわけですよね。顧客との関係を良好にし、顧客の潜在的ニーズを探り出すためにも、顧客志向の戦略を掲げていれば、何かしらの光明が射してくるのかもしれません。

IBMのAI、Watson、そしてSalesforceのEinstein。どちらもAIのプラットフォームですが、ちょっと違うのはSalesforceのEinsteinはAIを使ったCRMであること。この2つが連携されるそうです。

素人の私が思うに、ライバルと勝手に思っていた企業同士がなぜ連携なんてするのか・・ということ。ネットニュースを見ていると、IBMはBluewolfという会社を昨年買収しています。そのBluewolfはクラウド型CRMの構築支援を行う会社で、これまでの経験ノウハウがピカイチ。その中にはSalesforceの導入事例も豊富にあるのだとか。

そこで、IBMのインテグレーションノウハウとBluewolfのノウハウやスキルを組合せ、より幅広いCRM構築を進めていくことが狙いとなり、今回の連携となったとありました。

なるほどね~、ライバルと目されている企業同士が実は競合している部品の分野が違うために合併をして、より市場での価値を高めていこう、という考えと同じなのかな・・と思ったのですが。。合ってますかね^^

SFAを導入しても失敗に終わった・・という話もよく聞かれますよね。それほど定着しにくいツールということなのでしょうか。。でもネットで検索してみると、SFAの導入を成功に導くための方法や心構えがたくさん出ているんですよね~。ホント、たくさん^^

あるコラムでは、導入前、運用前にできることをしっかりとやっておきましょう!とありました。まぁ、新しいツールを取り入れる前には下調べや勉強が必要なのは分かっていますが、SFAは機能が多いために何の機能を選ぶのか、そして選び過ぎないこと、これが重要なんだそうです。そして、準備の期間としてある程度の日にちを確保しておくこと。ここですね。

営業マンたちがどこまで機能を使いこなせそうか、操作はできそうか、そして長く続けられる要素はあるのか。準備期間の中でこれらを管理者となる人たちがしっかりと見極め、導入をする。そうすることで、無理無く運用を進めることができるようになるんですね。

CRMを活用することで、顧客の維持、満足度の向上を図ることができると言われています。その施策として、ユーザーに最適な情報、お得なクーポンなどを配布したり、次から次に広告を表示したり、あの手この手で顧客を引き留めにかかります。

これを良しと思うか思わないか、これはユーザーそれぞれによって違いがあるんですよね。それを知っている上司は、CRMを使って様々な広告業務を行う社員に「そんなに頻繁に広告を見せられるとかえってユーザーはうんざりするのでは?」と忠告することもあるとか。私もその意見に賛成ですね^^

勿論、その広告を見て「良かった!この商品、欲しかったんだ♪」と購入するユーザーもいるでしょう。しかしその反面、「この会社のメルマガやクーポンがうざい!大して割引率も良くないのに・・。もうメルマガは解除しよう!」と、CRMの施策がデメリットと化してしまうこともあるんですね。

CRMだけに頼るのではなくて、ユーザーの立場になって宣伝、広告を送る。これが大切だと思いますね。

私が疑問に思っていたことが、あるCRM関連の記事に書かれていて、「そうそう!その通りだと思う!」と、自分の頭に漠然とあったものが実際の言葉で書かれていました。それは、CRMには商品購入という事実だけで判断されていること。なぜこの客はこの商品を選び、どんな風に他の商品と比べていたのか、そして購入後にどんなことを思っているのか、という人の頭の中までは把握できていない、ということなんですね。

確かに、CRMにも最新のサービスがどんどん出てきています。それらは、顧客がどのようにしてサイト内を回り、どんな商品と比べていたのか。また他のチャネルとの情報統合なども進んできています。

AIを駆使したサービスも出てはきていますが、やはり人の複雑な心まではまだまだ理解、解明できないと思うんですよね。

なので、CRMの結果だけを参考にしたデータのみに囚われて顧客情報管理を続けていると、必ず破たんしてしまうと感じます。CRMに頼り過ぎるのではなくて、良い按配で使いこなす。これが可能になると素晴らしいと思います。

名刺の管理ツールがかなり浸透してきて、CRMやSFAよりも注目度はあがってきているようですね。というのも、名刺管理ツールはスマホのカメラで名刺を撮影し、それを送信すればサービスしている会社があとはデータ化してくれます。

スマホのアプリ画面を開けば、名刺データが並んでいて、いつでもどこでもそれを簡単に確認することができるんですね。メモ書きのような機能を使えば顧客情報としても、営業情報を入力できます。このツールを使うだけで、CRMやSFAを導入しなくても、あらかたの情報管理ができるということですよね。しかも、簡単でわかりやすい。

営業マンと言ってもみんながみんなITに詳しいわけではないので、簡単でわかりやすいツールが注目されるのもうなずけますね。

knowledgesuite.jp

Oneteamとゾーホージャパンが今月23日にサービスの連携を発表したそうです。Oneteam・・最初、オネチームと読んでしまいました。。ワンチームですね^^この会社は、企業向けのチャットサービスを提供している会社。チャットを利用し、リアルタイムで自分以外でもどのような会話が取り交わされているのかがすぐに確認でき、またドキュメントも共有できるというツールなんだそうです。このチャットのツールOneteamと、顧客管理・営業支援サービスのZoho CRMが連携するとのこと。

2つのツールが連携し、OneteamのOneteam Daily Reportを利用することで「営業日報の自動作成が可能に」なるんだそうです。これでまたひとつ営業マンの作業負担が軽減されますね^^

チャット機能との連携は、他の営業マンや上司からの質問やアドバイスも共有できるので、「知見を分け合うことで、日々の営業活動の強化につながる」というメリットもあるそうです。