SFAの利用によって、より確度の高い営業先を見つけることができます。つまりターゲットがわかりやすくなるということ。

多くの見込み顧客を知っていても、その中からどこの会社がもっとも見込みが高いのかは、イチかバチかといったことも昔はありました。でも、人材不足の今、こんな人海戦術のようなことはやれませんからね。ターゲットを絞り、情報戦を行うのが今の営業。となると、情報が必要になります。

最初の情報は名刺。イベントやセミナーを開いて名刺をたくさん集める。その際には、名刺の持ち主が自社のどんな商品に興味を持ったのか。あるいはどんな製品を欲しがっているのかを、名刺とともにデータ化します。それがSFAですよね。SFAにとにかく会社情報を溜めていくことで、それらを分析し、情報戦、営業に備えると言うわけです。

ターゲットを絞り、尚且つその会社の欲しがっているものを最適な時期に提案できれば、正に確度の高い営業となることでしょう。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>