CRMを導入していても、そこからどのようにしてデータを取るのか。そしてそのデータを使いこなすには・・。CRMそのものが使いやすいもので、社内全体で運用ができていても、そこから導き出される情報をしっかりと使いこなせなければCRM導入は成功とはいえません。

CRMを提供しているベンダーは、自社の製品がシンプルな操作性で誰でも使いやすいもの、コストが低く敷居の低い製品であること、営業情報も共有できるので会社全体の動きがわかるようになることなど、多くのメリットを取り上げてCRMを宣伝しています。専門家がいなくてもCRMを運用することができる、といったことも強く示しています。

しかし、たとえCRMが使えたとしても、その先が本当は大事なんですよね。顧客情報を様々な他の情報と組み合わせて、顧客に還元する。その還元された情報が顧客にとって為になるものであれば、顧客は喜びさらにその会社とのつながりを深めてくれます。そのためのデータをCRMから取り出し、使いこなす人材が必要となるわけです。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>