近くにいるライバル会社。狙っている取引先には常にそのライバル会社の営業マンが出入りしているし、何度かアプローチしても断られてばかりいいた。でも、できれば隙を突いて営業にこぎつけたら・・と思うことってありませんか?

次の発注のタイミングがわかれば、もしかしたらこの隙を突くことも可能かもしれません。可能にしてくれるのはSFAです。SFAに、これまでのアプローチした時の状況、そしてライバル会社の動向なども全てSFAに入力しておきます。情報が蓄積していくことで、次に発注するタイミングを確度高く知ることができ、自社製品をタイミング良く売り込むことも以前よりもうまく出来るようになるんです。

SFAと名刺管理ツールの連携により、狙っている取引先の担当者の交代もリアルタイムで分かるようになります。そのタイミングでアプローチをかけても良いかもしれません。

最適なタイミングを知ることができれば、見込み顧客でも案件化できる可能性も高まりそうです。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>