営業部内で伝達ミスが続き、その方法の見直しをした、という話を聞きました。それまでは外注の営業マンからは電話やメールで、内勤している従業員は紙の発注書で。それぞれが自分が最もやりやすい方法で発注をしたり見積もりを出していたため、管理をする人はそんなバラバラの状況を一人でまとめ上げ、業務を行わないといけません。ここでミスが出たとしても、ある意味では仕方ないと言えるかもしれません。

伝達の方法、そして情報の一括管理が課題となり、どのような方法が良いのか話し合いを重ね、SFAの導入に踏み切ったそうです。すると、まずは管理者の業務がみるみる楽になったと。バラバラの伝達方法がSFAのみで来るため、画面を見ればすぐに確認できる。業務の優先順位も一目瞭然であるため、ミスが無くなったそうです。

管理者は精神的にも時間にも余裕が出たため、営業マンそれぞれのフォローやサポートに時間を使うことができるようになり、営業マンたちの売り上げも次第に上がっていったそうです。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>