せっかくCRMという業務の効率化が実現できるツールを導入していても、それを使おう!とする体制が全社をあげてできているのか、この点がとても重要となります。

とくに営業マンの人たちは、デスクワークよりも外回り中心の職種。パソコンに顧客情報を入力し、その日の案件情報を紐づけし・・といったように、営業ではない業務を継続しなければいけません。すると、本来の業務を削ってCRMの入力作業に時間を取られてしまうため、大きな負担を感じるんですね。
一方、マーケティング部の方はCRMとコールセンターの情報を紐づけしたり、これまでに見えてこなかった顧客のニーズの掘り起こしが出来ることで、それぞれの顧客に最適な営業戦略を立てることができます。

すでにこの時点で、営業部とマーケティング部において、CRMに対しての熱量が違ってきますよね。

このような温度差が起きないよう、CRMの導入が決まったら、事前の研修会や勉強会を頻繁に開き、CRMへの抵抗を少しでも軽減しておく必要があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>