新しいツールやシステムの導入には、大きな手間と時間がかかるものです。SFAにしてもそれは同じ。もしかしたら、これまでのツールなどに比べ、より手間暇がかかってしまうかもしれません。

そこで、SFAを導入する際には導入と運用専門の担当者を決めることが大事となります。ITに明るく、積極的にこういったツールを使いたい人材。会社としてもIT専門家として育てたい人材を選出します。そして、導入しようと決めているSFAのベンダからもスタッフに出向してもらい、ともに導入、そして運用のための専門チームを作るんです。

多くの企業では、みんなが導入前からSFAについて勉強会を開いたり、運用後にはベンダの担当者にそれぞれ質問して・・といった、まとまりの無さが目につきます。これでは、いつまで経ってもSFAは定着せず、見込み顧客の獲得もそう簡単にはいかないでしょう。

それよりも、社内にSFA専門家がいて、この人たちを中心にそれぞれの社員が何をすべきか、また目標を掲げることで、SFAは充分な役割を果たすことができるんです。

URL参照

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>