老舗の企業であればあるほど、その企業なりの営業手法があたり、長年受け継がれている教育があるでしょう。それらから脱却しなければ自社に未来は無い、と思う営業マンも多いはずです。

こういった企業ではSFAの導入が急がれています。SFAを活用することで、属人的営業から解放され、営業情報は全て会社へと集められます。昔ながらの営業マンが多い企業ほど、属人的営業が幅を利かせ、情報は会社の方には一向に集まらないという現象があります。この状況を打破したくても、なかなか言い出せないということも。しかしSFAを使えば、営業中の情報全てを日報などに入力していきますから、自然と属人的営業から抜け出すことができるんですね。

また、業務の効率化もSFAを使えば可能となります。既存のグループウェアやシステムとの連携により、入力作業が減り、欲しい情報をすぐに取り出すことができる。資料作成も時間、労力が必要無く、サクサクッと作れちゃうんですよね。これだけも、SFAの活用のし甲斐があるとも言われています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>