せっかく導入したCRMなのに、営業マンが積極的に使ってくれない、という事例をよく見ます。そのほとんどの原因が、機能が多すぎて何をどのように使って良いのか迷ってしまうことのようです。また、CRMを立ち上げ、管理画面からそれぞれの機能を使いたいとき、すぐにその画面まで行くことができない、という使いづらさもよく聞きますね。

こういった営業マンに負担がかかるCRMでは、いくら高価なものでも、他社で実績を上げているといわれているものでも、使ってくれなければ意味を成さないわけです。ではどのようにしたらよいのか、まずオプションを思い切って外してみてはいかがでしょうか。

初めてCRMを扱う営業マンとすれば、簡単で負担の少ないシステムであればそこまで敬遠することはありません。シンプルで使いやすい機能だけに絞ってカスタマイズして使いやすいように配慮することです。これに慣れてもらうことで、少しずつまた機能を追加していけば良いわけですから。

マーケティングソリューション紹介

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>