CRMの活用は、既存顧客を社内で一元管理できること、そして顧客それぞれに最適な情報の提供、タイミング良いアプローチが可能になることです。社内の誰もが同じ情報をリアルタイムで把握できるため、もし、顧客からの問い合わせがあったとしても、誰でも対応が可能となります。また、営業情報なども更新していけば、管理者は営業マンの動向とともに営業の進捗状況も随時確認できるため、ミスやモレを防ぎ、案件を効率よく進めることができるようになります。さらに、顧客の潜在ニーズをCRMから引き出すことができるため、顧客の満足度を上げることも可能になり、継続的に顧客は注文を続けてくれるようになる、といった期待が持てるんですね。

ただ、CRMを活用し、運用しているだけではさすがに案件の成立が確定できるとは限りませんよね。いかにしてCRMを自社なりに工夫して使えるか、顧客の仕分けが徹底できているか、案件の成立までにどのようなプロセスをたどっているのか、このあたりを、案件の終了の度に分析しておくこと、振り返ることが重要となります。

マーケティングソリューション紹介

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>