CRMの注目度、そして利用度はますます増加しているようです。ある調査でも、10年くらい前からCRMの市場は広がり、5年後くらいまでは右肩上がりの成長になると予想が出ていました。

ではなぜCRMがそんなに必要とされるようになってきたのか。ひとつには、ビジネスの環境が大きな変化をしている最中であることが言えます。AIが多くの分野で使われるようになってきましたが、営業分野にもそれが波及してきているんです。

ビジネスの中でも営業分野ではITの普及は遅れていたと言われています。しかし、人の手でしなくても良いことはデジタルの機械に任せる。人は、人の手でしかできないこと、例えば対面とかの時間をより多くすることにシフトチェンジしてきているんですね。そのため、営業分野でもIT化が進み、また政府の働き方改革推進なども受け、CRMが注目され、使われるようになってきたんです。

人口減少など社会的な背景もあり、モノは益々売れにくい時代に入っています。業務を効率化しながら業績を上げる。こんな難しい課題も、CRMを使えば実現可能なんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>