大きな取引を行っている企業において、新規の顧客を獲得するために必要なのは、提案する内容、コスト、そしてプラスアルファの情報力である、とある専門家が言っています。

プラスアルファにも、コストの削減、付随するサービスなどさまざまな考え方がありますが、例えば自社の製品を購入することで他の会社のものよりもどんなメリットがユーザーにあるのか、ユーザーのニーズにどれだけマッチしているのか、こういったことを提示することも、とても効果的なんだそうです。そういったデータを出してくれるのが、営業支援ツールであるSFAなんですね。

ただ、ユーザーにとってメリットになるだけのデータを出すには、それ相当の情報量というものも必要になります。これが営業マンにとってはキツい仕事になるんですよね。新規の顧客になるだろう見込み顧客へのアプローチしつつ、周囲からの情報をとにかく集め、ターゲットを絞り込んでいく。大変な作業でしょうが、それを乗り越えて正確なデータを出すことができれば、他社に負けないプラスアルファを提案することができるでしょう。

営業支援システム比較

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>