SFAは営業マンの作業効率をアップして新規顧客を探すことにとても役立つツールですが、彼らをまとめる管理者にもやさしい機能がたくさんあります。

案件管理をしたいとき、表にまとめるととてもわかりやすくなりますよね。そんな時には、項目を自分で編集し、欲しい情報だけを取り出して表にすることができます。報告書も同様に、項目を設定したり追加を施したりして、グループごとに割り振って作成できます。

CRMを使っていなくても、顧客情報を管理して出力することももちろん可能です。企業ごと、営業マンごと、管理者が欲しい顧客情報をいつでも表にすることができるんです。つまり、管理者も時間的に効率化できるし、出力したものは見やすく、上司に資料作成を命じられてもスピーディーに対応することができるんですね。

わかりやすく、見やすい資料は、次の営業戦略にも非常に役立ちます。SFAの効果は一時的なものではなく、上手に活用すれば継続した効果を実感できるはずです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>