CRMを導入したからと言って、必ず成功につながるというものではありません。他の会社がCRMを導入し、売り上げ拡大につながったとしても、自社で同じことをしてそれが成功するとは限らないということです。

そもそもCRMは顧客情報管理を行い、顧客の満足度を上げるためのツールです。したがって、自社の売り上げだけを考えて営業を続けてもCRMを活用する意味が無い、ということなんですね。

CRMに自社にあるだけの顧客情報を入力し、データ化します。そして、顧客が満足度を上げられるような情報の提供、割引のサービス、顧客対応の向上などを図ります。これを繰り返していくことで、売り上げも付いていく、ということなんです。

そのためには、自社にある今の課題をまずは掘り起こします。その課題解決のためにCRMを活用。明確な数字の目標設定をきちんと行い、CRMによって何を強化するのかを全社を上げて取り組みます。導入当時はCRMの使い方などに迷いも出てきますが、最低限の機能に絞って使い始めることで、継続運用が可能になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>