企業が大きくなり、従業員の数が増えれば増えるほど、会社の資産となる情報も増えていきます。情報の種類は幅広くなり、その内容も深くなっていくはずです。

しかし、それらは従業員それぞれのパソコンの中だけでとどまっていることも多いんですね。これは企業にとっては大変損をしている、ということが最近理解されてきています。もちろん、それまでも分かってはいましたが、それでも企業は成り立っていたわけです。

ところが少子高齢化、同じような商品が同じような価格で売られている、そして消費者のニーズの変化などによって、以前のような営業方法では商品やサービスは売れなくなっているんですね。

そこで、せっかくある、企業内すべての情報を一元管理して営業を確度高く、効率的に進められるような考えが急速に広まっているわけです。営業に関してはSFAというツールが人気です。これまで属人的と言われていた日本の営業方法を、オートメーション化する、そして管理も行い、次の営業にも役立てることができるツールなんです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>