常々思っていたんですが、ネットショッピングで洋服や下着、靴などを購入するのって、難しくないですか?

リアル店舗で試着して買ったとしても、実際に使ってみると「ちょっと違う」ということも多々あります。それを、ネットに表示されているサイズ、モデルに着せた印象だけで買う人がよくわからない。。とも感じていました。

でも、売る側もいろいろと工夫してるんですね。一か月ほど前だったでしょうか、下着を販売するピーチ・ジョンが、チャットで顧客対応を始めたそうです。とくにブラジャーなんかは、サイズだけ見ても、素材感、締め付け感などは着用してみないとわかりませんからね。

ピーチ・ジョンでは、今までも電話、メールでも対応していたそうですが、チャットだとさらにユーザーは気軽に質問などできそうです。きっと年代的にもこのブランドは若い人中心でしょうからね。

人とやりとりをすることで、気にしていること、不安なことが少しでも解消されれば良いですし、企業側としてはユーザーがどういったことをもっと知りたがっているのか、CRM的な機能も果たしそうですね。

knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>