なぜ、今CRMなどの営業支援ツールが注目され、市場も拡大の一途をたどっているのかわかりますか?CRMはとても導入が難しいツールのひとつです。社内の顧客情報をすべて集め、CRMに入力することからこのツールがスタートするわけですが、情報を集めること、そして必要なものそうでないものを区別するのに、大変な時間と手間がかかるんですね。

顧客情報においては、過去何年前のものまでは取っておく。後は処理するなど、何らかのルールを決めて入力作業に移ることで、比較的スムーズに運用できるはずです。

CRMの運用が本格的にスタートできれば、他社との差別化を図ることができるようになります。すでに、他社と質や値段だけで競争するのは難しくなってきています。同業多社の時代なんですね。そのため、既存顧客を大事に、満足度も向上させて、既存顧客を他社に取られないようにすることが重要なポイントとなるんです。そしてこれが実現できるのが、CRMなんですね。

名刺CRM比較

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>