世の中は日々、便利なツールが増えていますが、名刺管理ツールもその一つですよね。

サービスによっては、複数の名刺を一度にスキャンしてデータ化できるスグレものもあり、忙しい営業マンには有難いツールになっているようです。

ただ気をつけないといけないことも。名刺って個人、そして会社の大切な情報。取引先の情報を自分が使う分には良いのですが、それを他の人が使う場合には履歴を残しておくことも重要です。もし、悪用されてしまえば今後の取引は無くなる、それくらい大きな意味を持つのも名刺です。

もし、今までになかなか得ることのできなかった担当者の名刺を見つけても、そのままダウンロードして活用!ではなくて、いつ、自分がこの名刺をダウンロードしたのかを記録しておくことが大切です。

デジタル名刺管理方法 | 名刺管理CRM

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>