交換した名刺に、担当者の情報、特徴、面会した日付、会話の内容などを書きこんでおくことで、後から見た時に記憶が鮮明に思い出されることってよくありますよね。ただ、名刺の空きスペースが非常に少ないものや、書きたいのにスペースが足りない、と言う時、勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、付せん、シールです。どちらかをいつも名刺入れにしのばせておくことで、名刺に書き込まずに付せんやシールに思い出せる全ての事を書いていれば、名刺にぺたぺた貼って保存が可能になります。

名刺管理システムを利用する際には、これらを備考欄などに入力すれば、他の社員たちにも情報提供が簡単にできますからね。社員全員がこのようなメモを積極的に行っていけば、深い人脈作りも可能になりそうです。

KnowledgeSuite

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>